NAMEGATA BEER 行方の紫福

NAMEGATA BEER 行方の紫福(しふく)

行方市は、全国有数のサツマイモ産地です。
霞ヶ浦と北浦の間にある行方台地は、赤土の傾斜畑で水はけがよく、美味しいサツマイモが育つ環境が整っています。JAなめがたしおさい甘藷部会連絡会では、農林水産祭で最高賞の天皇杯を頂くほど!!
そんなサツマイモを使用し、クラフトビールを開発しました。

行方の生産者は好奇心があり勉強家。美味しいサツマイモをつくる研究を続け、収穫の秋だけでなく1年中美味しいサツマイモを消費者へ届ける努力をしています。

サツマイモは種類が豊富であり、時期によって美味しさが違います。美味しさを追求した好奇心と努力の中から、紫いもの新品種「ふくむらさき」を栽培することとなりました。食べて美味しい紫いもとしての品種改良されましたが、ならば加工しても美味しいはずということで、ビールの原料とし「行方の紫福」の商品開発をおこないました。

【ふくむらさき】
平成30年に品種登録した新しい紫いもです。これまでの紫いもは、甘味が弱く食用より色素用や焼酎原料等に使われていました。食べても美味しい紫いもとして、「ふくむらさき」が開発されました。食べて柔らかく、糖度や甘味も強く美味しい紫いもとなっています。また、アントシアニン色素を多く含有しており、健康機能性も期待されているサツマイモです。

 

【商品名「行方の紫福」の由来】
原料の紫芋「ふくむらさき」は、今までの紫いものイメージを変えるよう美味しさにこだわった新品種です。漢字を当てると「福紫」とすることもできます。原料のふくむらさきに込められた「その美味しさで食べた人を幸福にする」という生産者の思いを伝えるために「至福」から「紫福」と書き換え、ビールの商品名としました。ビールを飲んだ方が「至福」の時を過ごし、それを見た生産者が「紫福」の笑顔になるように願いを込めています。

 

【ビールの特徴や味わい】
紫いも「ふくむらさき」の風味をほんのり感じられるエールタイプのビールです。

 

【ビール職人の製造への思いやビールとしての評価】
行方の紫福は、飲んだ後に口の中に上品なサツマイモの風味を楽しめるようにレシピを造りました。
雑味が無くエールビールの持つエステル香があり最後に上品なサツマイモの風味を感じられる仕上がりになっています。

【ビール職人こだわりのポイント】
芋を仕込のどの工程で投入するかがポイントです。
今回は麦汁の煮沸時にサツマイモも投入し液体(ビール)に風味を付ける方法で醸造しました。
※麦汁の中にサツマイモの成分を溶け出させるイメージです。

 

【販売箇所】
行方市内
・行方市観光物産館こいこい(行方市玉造甲1963-5)
・天王崎観光交流センター コテラス(行方市麻生419-1)
・農産物直売所 楽郷(行方市玉造甲1824-1)
・濵田酒店(行方市於下1172-1)
・JAなめがたしおさい
・セブン-イレブン 行方小高店、玉造バイパス店、茨城麻生中央店

行方市外
・茨城県庁生協(茨城県水戸市笠原町978-6)
・セブン-イレブン 小美玉与沢店、鉾田上釜店、鉾田上冨田店、鉾田新鉾田2丁目店
・行方市ふるさと納税
ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/city/product/08233
楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/f082333-namegata/

 

【ビール情報】
販売者:一般財団法人 行方市開発公社
製造者:株式会社 DHCビール

 

サツマイモを楽しめるクラフトビールです。
ぜひお試し下さい。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る