鯉の効用

ミコット釣り

規約

鯉の効用

鯉の効用

25年

25年度事業実績

26年

26年度事業計画

ワカサギ

ワカサギの成分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鯉は、古来から薬用魚鯉の効用表紙と呼ばれ食用に適していることから、多くの国で養殖されてきました。

ビタミンB1を多く含み、タンパク質、脂質、カルシウム、鉄に富む滋養食品です。昔から、鯉は心臓や呼吸器の病気の特効薬とされたほか、産後の肥立ちの栄養食として、重宝されました。

また、中国では鯉は目をよく見えるようにする作用や抗ガン作用があると言われています。

鯉はアミノ酸からなるタンパク質を多く含み、体内で作られない必須アミノ酸を補給することができます。肉の部分には含硫アミノ酸の一種でコレステロールの働きを抑えるタウリンも含みます。

ビタミン類では糖質を分解する酵素を助けてエネルギーに変えるビタミンB1、老化の原因と考えられる過酸化脂質が造られるのを防ぐビタミンE、カルシウムやリンの吸収を促し、骨や歯に沈着させるビタミンDなどの栄養価に富んでいます。

ページ上部へ戻る