規 約

ミコット釣り

規約

鯉の効用

鯉の効用

25年

25年度事業実績

26年

26年度事業計画

ワカサギ

ワカサギの成分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行方市漁業振興協議会規約

(目的)

第1条   行方市における霞ヶ浦北浦の水産業の発展や市民等の理解を図り、水産業者の経営安定さらには、漁業組織の活力を向上させることを目的とする。

 

(名称及び事務局)

第2条   この会は、行方市漁業振興協議会(以下「協議会」という。)と称し、事務局を行方市役所農林水産課内におく。

 

(事業)

第3条   この協議会は、第1条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)  霞ヶ浦北浦の水産振興に関する事業の推進と協力

(2)  水産業に関する体験事業

(3)  その他目的達成に必要な事業

 

(組織)

第4条   この協議会は、行方市と市内の漁業協同組合から選出された委員20人以内で構成する。

 

(委員の任命)

第5条   委員は、次の各号に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1)  関係漁業協同組合の代表及び市の職員

(2)  水産業改良普及員

(3)  学識経験を有する者

(4)  その他、特に市長が認める者

 

(委員の任期)

第6条   委員の任期は3年とし再任を妨げない。ただし、委員が欠けた場合における補欠の委員の任期は、前任者の在任期間とする。

 

(役員)

第7条  この協議会に会長1名、副会長2名、監事2名を置く。会長には、行方市長の職にある者置く。副会長、監事は委員の互選により選任する。

会 長1名

副会長2名

監 事2名

(ア)会長は、この協議会を代表しその業務を総括する。

(イ)副会長は、会長を補佐し会長事故ある時は、その職務を代行する。

(ウ)監事は、会計を監査する。

 

(会 議)

第8条  この協議会の総会は、年1回以上開催するものとする。会長が必要と認めたとき臨時に総会を開催する。

 

(経 費)

第9条  この協議会の経費は、補助金、その他収入をもって充てるものとする。

 

(事業年度)

第10条 この協議会の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

 

 

(その他)

第11条 この規約に定めるもののほか必要な事項は、会長が定めるものとする。

 

 

附則

この規約は、平成18年10月18日から施行する。

ページ上部へ戻る