大阪府泉佐野市と特産品相互取扱協定を結びました!

大阪府泉佐野市・茨城県行方市 特産品相互取扱協定式

平成29年1月24日(火) 行方市役所市長室(麻生庁舎)

平成29年1月24日(火) 行方市役所市長室(麻生庁舎)

特産品相互取扱連携協定

協定趣意書

日本全国の各地域には、素晴しい地場特産品が存在する。そして、その宣伝と情報の発信に各自治体は創意工夫しているところである。しかしながら、特産品にブランド力を持たせ流通ルートに乗せることの難しさは、多くの自治体が認識しているところである。
他の自治体で特産品をPRすることは有効な宣伝手段のひとつであるが、受入側にとっては、他の自治体の特産品を自らの施設や事業で取り扱うことの是非は、住民の受益との関係上様々な意見があることも事実である。
そのような環境のなか、「特産品相互取扱協定」を締結し、自治体間で相互の特産品を取り扱うことの位置付けを明確化し、特産品フェアなどのイベント等でのPR活動や、ふるさと納税のお礼品に掲載するなど、両市がお互いの地場特産品を相互に取り扱うことにより、他の自治体で地場特産品を情報発信することは、都道府県の垣根を越え、両市の地場特産品の宣伝と販路拡大に大いに寄与すると認識する。
行方市では、60品目を超える農畜水産物のブランド化やそれらを活用した6次産業化などの取組を行っている。また、泉佐野市では、地場野菜を使用した「泉佐野産商品化プロジェクト」の6次産業化の取組を行い、行方市と泉佐野市は、平素より市政に必要な各種意見・情報の交換を行っているというご縁がある。
そのご縁を大切に両市の特産品をはじめ経済と観光産業の発展を趣旨として協定を締結するものである。 

お互いの特産品を前に,握手をする大阪府泉佐野市 千代松市長(左側)と茨城県行方市 鈴木市長(右側)

お互いの特産品を前に、握手をする大阪府泉佐野市 千代松市長(左側)と茨城県行方市 鈴木市長(右側)

行方市は,今回の大阪府泉佐野市との連携をはじめとし,北海道網走市,登別市とも農水畜産物等の利活用による地域活性化に取り組んでいます。
特産品にブランド力を持たせ流通ルートに乗せることの難しさは多くの自治体が認識しているところであります。
「特産品相互取扱協定」を締結し、自治体間で相互の特産品を取り扱うことの位置付けを明確化し、特産品フェアなどのイベント等でのPR活動や、ふるさと納税のお礼品に掲載するなど、両市の地場特産品の宣伝と販路拡大に大いに寄与すると認識しています。

行方市長 あいさつ

行方市長 あいさつ

行方市の特産である60品目を超える農作物

行方市の特産である60品目を超える農作物

大阪府泉佐野市長 千代松 大耕(ひろやす)氏

大阪府泉佐野市長 千代松 大耕(ひろやす)氏

全国青年市長会での出会いがあり、個人的なお付き合いから市民同士のお付き合いにしたいと思っております。
尚、行方市の観光販売所や行方市ふるさと応援寄付金の返礼品として、泉佐野市特産品のPRをさせてもらえること大変ありがとうございます。
今後は特産品を相互のイベント等でPRしていくつもりでおります。
※泉佐野市は行方市で16市目の協定です。

◇泉佐野市について

市の概要
大阪市と和歌山市のほぼ中間に位置し、背後に一部が金剛生駒紀泉国定公園に指定された和泉山脈を擁し、美しい山河、緑あふれる恵まれた自然環境にあります。商・工・農・漁業がそれぞれバランスよく栄えてきましたが、関西国際空港の開港などに伴う人口の増加とともに、商業・サービス業が盛んになっています。
面積は約56.51平方キロメートル、人口は約101,000人、世帯数は約46,000世帯(平成28年4月1日現在)です。瀬戸内式気候に属するため気候は温暖で、比較的少ない降水量となっています。
名前の由来は、中世以来の村名「佐野」に旧国名和泉を冠したもので、伝承では「狭い原野」ということから「狭野」というようになり、それが転じて「佐野」とよばれるようになったといわれています。
昭和23年4月1日、佐野町の市制施行により泉佐野市が誕生し、昭和29年、南中通村、日根野村、長滝村、上之郷村、大土村の5カ村が合併し、現在の市域が形成されています。
平成6年9月に開港した関西国際空港によるインパクトを最大限に活用し、世界と日本を結ぶ玄関都市として、21世紀にふさわしい国際都市をめざしてまちづくりに取り組んでいます。

photo5

泉佐野市の特産品

泉州玉ねぎ…明治時代から水稲の裏作として作られはじめ、水分が多く、甘みがありやわらかいのが特徴です。

水なす…水分を多く含み、皮が柔らかで、かみしめるほどにほのかな甘みのある風味。水なすの浅漬けが有名です。

キャベツ…「松波」という品種が中心に栽培されています。甘みがあり大阪名物のお好み焼きには欠かせないものとなっています。
※代表する農産物の一例です。

泉州タオル…タオルの発祥の地と知られ120年もの歴史を誇る。

ワタリガニ…ワタリガニは関西においては食文化として地域に根付いています。お祭りやお祝い事にもワタリガニを振る舞う風習がまだ残っています。

「物産品相互取扱協定記念」平成29年1月24日より取扱開始
〜泉佐野市の特産品を行方市ふるさと納税返礼品に~

この協定を記念して、今月の24日から泉佐野市の特産品(特産タオルセット及びワタリガニを使った蒸しガニとかに飯)が行方市ふるさと納税返礼品のラインナップに加わりました。

ふるさと納税ラインナップ強化

ページ上部へ戻る