からす餅

お正月二日の朝は「からす餅」。
田んぼと畑に一ヶ所づつ、小さく砕いた餅を置いてカラスに食べてもらうという豊作祈願の行事です。
カラスが食べた餅の場所で早稲がとれるか晩稲がとれるかを占ったりします。
カラス来たかな~?
お昼に見に行ってみると、畑の餅はすっかり無くなり、田んぼの餅はすべて残っていました。
この結果をどう読解くか…?

ページ上部へ戻る