なめがた食彩マーケット会議規約

第一章 総則

(名称)

第一条
本会は、なめがた食彩マーケット会議と称する。

(目的)

第二条
本会は、行方市の農林水産物をはじめとする地域資源を最大現にPRし、ブランド戦略を展開しながら、知名度の向上を図り、市産業の活性化を目指すことを目的とする。

(事業)

第三条
本会は、第二条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)行方市の農林水産物の消費宣伝に関すること
(2)行方市の農林水産物のブランド化に関すること
(3)行方市の農林水産物を活用した加工品開発に関すること
(4)消費者ニーズに対応した市場調査に関すること
(5)その他、本会の目的達成のために必要な事項

第二章 委員

(委員)

第四条
本会の委員は、本会の目的に賛同する農林水産業関係者、企業及び関係機関で構成し、市長が委嘱するものとする。

第三章 役員及び監事

(役員及び監事)

第五条
本会に次の役員を置く。
(1) 会長 1名
(2) 副会長 3名
(3) 監事 2名

(選任)

第六条
会長、副会長、監事(以下「役員等」と言う。)は総会で選任する。

(任期)

第七条
役員等の任期は3年とする。ただし、再任を妨げない。
2. 前項の役員等のうち、補欠により就任した者の任期は、前任者の残任期間とする。
3. 役員等は、任期満了の場合であっても後任者が就任するまでは、その職務を行うものとする。

(職務)

第八条
会長は、本会を代表し、会務を統括する。
2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
3. 監事は、会計を監査する。

(事務局)

第九条
本会の事務を処理するため、事務局を置く。
2. 事務局は、行方市経済部農林水産課に置く。

第四章 会議

(会議)

第十条
本会の会議は、総会及び役員会とし、会長がこれを召集してその議長となる。

(総会)

第十一条
総会は、定例総会及び臨時総会とする。定例総会は毎年1回、会計年度終了後3ヶ月以内にこれを開き、予算、決算その他重要な事項を審議する。
2. 臨時総会は、会長が必要と認めたとき、または、委員の半数以上の請求があったときにこれを召集する。

(議事)

第十二条
総会の議決は、出席委員の過半数で決する。

(役員会)

第十三条
役員会は、会長、副会長、その他必要と認める委員をもって開催する。
2. 役員会は、会長が必要と認めたときにこれを召集する。

第五章 柔軟な連携

(受難な連携)

第十四条
本会の目的と合致し、又、事業の展開に関し必要があると会長が認める場合は、本会以外の組織主体と連携し、事業を実施することができる。
2. 本会以外が主体となる事業等について、本会の目的と合致すると会長が認める場合は、委員等と柔軟に連携し、事業を展開できる。

第六章 会計

(経費)

第十五条
本会の経費は、補助金、その他の収入をもってこれに充てる。

(会計年度)

第十六条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。

第七章 補則

(委任)

第十七条
この規約に定めるもののほか、必要な事項は、会長が別に定める。

附則

1. この規約は、平成22年4月22日から施行する。

ページ上部へ戻る