主な事業実績(26年度)

ミコット釣り

規約

鯉の効用

鯉の効用

25年

25年度事業実績

26年

26年度事業実績

ワカサギ

ワカサギの成分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■事業実績 販売促進事業

●なめがた大地の春祭り

日 時:平成26年4月26日(土)

場 所:行方市観光物産館「こいこい」

 

なめがたブランド戦略会議との共催で、5月1日の鯉の日にちなんだ「鯉の市」を開催致しました。当日は天候にも恵まれ、多くの来場者へ鯉の甘煮の特別販売、鯉こく、鯉のあらい、ワカサギ・ナマズ・鯉の唐揚等の試食販売を行いました。
協力:霞ヶ浦北浦小割式養殖業協同組合

イベント広告チラシ

イベント広告チラシ

イベント広告チラシ

イベント広告チラシ

 

●夏の漁師市

日 時:平成26年8月10日(日)

場 所:道の駅たまつくり

 

・麻生漁業協同組合・霞ヶ浦漁業協同組合玉造支部・きたうら広域漁業協同組合北浦支部、大和支部から4店舗が出店しました。トロール漁解禁直後のイベントとあって初物のワカサギ・シラウオ等を使った各種佃煮・煮干・唐揚等の試食販売を行いました。当日は生憎の荒天でしたが、市内は勿論!県内外からも多くの来場者が訪れ大盛況でした。

イベント広告チラシ

イベント広告チラシ

 

●秋の漁師市

日 時:平成26年11月1日(土)・2日(日)

場 所:道の駅たまつくり

 

行方ふれあいまつりに併せて秋の漁師市を2日間に渡って実施しました。

テント内で大鍋を使った無料配布を実施し両日共に大盛況となりました。

1日目にワカサギの佃煮800食・2日目にシラウオのすまし汁800食の無料配布を実施しました!

イベント広告チラシ

イベント広告チラシ

 

●歳末漁師市

日 時:平成26年12月27日(土)・28日(日)

場 所:道の駅たまつくり

 

・麻生漁業協同組合・霞ヶ浦漁業協同組合玉造支部・きたうら広域漁業協同組合北浦支部、大和支部から5店舗が出店しました。寒曳きの生ワカサギ・生シラウオを求めて県内外からも多くの来場者が訪れ、初日:霞ヶ浦漁協玉造支部がシラウオの味噌汁750食・2日目漁業振興協議会事務局がシラウオの澄し汁を750食無料配布を実施し長蛇となり大盛況でした。

イベント告知チラシ

イベント告知チラシ

 

■事業実績 地場水産物販売促進事業

●視察研修

日 時:平成27年1月30日(金)参加者23名

視察先:神奈川県三浦市三崎水産物地方卸売市場

 

○目的

霞ケ浦、北浦の水産資源は地元加工業における依存度は大きく落ち込んでおり、資源を有効に利用するための需要回復・販売促進対策が喫緊の課題となっている。新たな販売経路の掘り起こしと、水産物の鮮度保持及び付加価値を高めるために三浦市三崎水産物地方卸売市場を視察した。

○参加者

麻生漁業協同組合 4名、きたうら広域漁業協同組合大和支部 4名、きたうら広域漁業協同組合北浦支部 4名、小割式養殖業協同組合 4名、霞ヶ浦漁業協同組合 3名、霞ヶ浦北浦水産事務所 1名、行方市漁業振興協議会事務局 3名

○研修内容

①三崎水産物地方卸売市場の歴史について

②三崎水産物地方卸売市場施設及び流通について

 

●霞ヶ浦北浦の水産資源回復に関する要望書提出(ウナギの稚魚放流)

日 時:平成26年9月30日(火)

出席者:麻生漁業協同組合、きたうら広域漁業協同組合(大和・北浦支部)、霞ヶ浦漁業協同組合(玉造支部)、行方市漁業振興協議会事務局

場 所:水産庁 資源管理部 漁業調整課、資源管理部 企画課、漁勢部 企画課、増殖推進部 栽培養殖課

 

平成26年9月30日 水産庁へ霞ヶ浦北浦のウナギ資源回復に関する要望書を提出する。行方市の漁業振興協議会の取り組み(水産体験教室・給食配給事業等)について説明し、ウナギ資源回復に関する要望書を提出した。要旨・地域の現状及び経過・ウナギの稚魚放流による利根川水系への効果・霞ヶ浦北浦のウナギ資源回復計画の説明をし下記の①〜③を要望した。

①ウナギの資源回復(ウナギの稚魚放流)資金と漁場生産力の向上の為の予算措置。

②内水面漁業の担い手・後継者確保に対する支援。

③地域の魅力を高め、内水面漁業を支援する総合的な内水面漁村活性化対策の推進について。


 

■事業実績 水産学習体験事業

●水産体験教室(北浦・大和地区)

日 時:平成26年10月8日(水)児童115名
武田小学校6年生43名・津澄小学校5年生21名・要小学校5年生12名・麻生東小学校4年生43名

場 所:白浜地内(白浜集落センター)

 

当日は前日の台風の影響で、予定していた随伴船でのトロール漁等の見学はできませんでしたが、事前に漁師さんの準備してくれたワカサギの選別作業や、水質調査・霞ヶ浦に生息する魚についての学習をしました。

昼食には、地魚料理や地場野菜を使った昼食をお腹一杯食べていました。

午後からは、映像学習、霞ヶ浦の水はどのように利用されているか・女性農業士による野菜クイズなどの学習をしました。

協力:きたうら広域大和支部・北浦支部・国土交通省霞ヶ浦河川事務所鉾田出張所・茨城県霞ヶ浦北浦水産事務所・(独)水資源機構・行方地域農業改良普及センター・女性農業士

 

●水産体験教室(麻生地区)

日 時:平成26年10月22日(水)児童49名
麻生小学校 5年生 49名

場 所:白浜地内(コテラス)

 

当日は生憎の雨模様で、午前中に予定していた随伴船での定置網漁・帆引網漁見学(湖上遊覧)はできませんでしたが、事前に漁師さんの準備してくれた魚の観察や、霞ヶ浦に生息する魚についての学習をしました。

昼食には、地魚料理や地場野菜を使った昼食をお腹一杯食べていました。

午後からは、映像学習、霞ヶ浦の水はどのように利用されているか・女性農業士による野菜クイズなどの学習をしました。

協力:麻生漁業協同組合・茨城県霞ヶ浦北浦水産事務所・(独)水資源機構・行方地域農業改良普及センター・女性農業士

 

●水産体験教室(玉造地区)

日 時:平成26年11月12日(水)児童116名
玉造小学校 5年生 116名

場 所:霞ヶ浦ふれあいランド・高須桟橋

 

当日は、霞ヶ浦の水産業のお話や随伴船に乗って、定置網漁・帆引網漁見学(湖上遊覧)を行いました。目近で帆引き線の帆が揚がるのを興味深く見学し、定置網漁で獲れた魚の観察や、霞ヶ浦に生息する魚についての学習をしました。

昼食には、地魚料理や地場野菜を使った昼食をお腹一杯食べていました。

午後からは、映像学習、霞ヶ浦の水はどのように利用されているか・女性農業士による野菜クイズなどの学習をしました。

協力:霞ヶ浦漁業協同組合玉造支部・麻生漁業協同組合・茨城県霞ヶ浦北浦水産事務所・(独)水資源機構・行方地域農業改良普及センター・女性農業士

 

■事業実績 地産地消推進事業

●地場水産 学校給食配給事業(市内全小・中学校対象)

日 時:平成26年4月〜平成27年3月(通年)15回

場 所:白浜地内(白浜集落センター)

平成26年度 川魚等使用一覧

期 日 材料名 献立名
4/18 鯉でんぷん付 こいのかばやき
5/16 えび佃煮 かわえびのつくだに
5/19 わかさぎ澱粉 わかさぎのなんばんづけ
6/18 鯉でんぷん付 こいのあげに
6/23 わかしゃり わかしゃり
7/14 しらうお煮干し しらうおにぼし
9/17 わかさぎ佃煮 わかさぎつくだに
10/2 釜あげえび かわえびのかきあげ
11/14 なまず澱粉 なまずのなんばんづけ
11/19 えび佃煮 えびつくだに
12/19 鯉でんぷん付 こいのあげに
1/16 しらうお煮干し しらうおにぼし
1/19 わかさぎでんぷん付 わかさぎなんばんづけ
2/18 鯉でんぷん付 こいのあげに
3/18 鯉でんぷん付 こいのあげに
ページ上部へ戻る